<< 第16回ラウンジコンサート開催しました!! | main | 第20回ラウンジコンサートのご案内 >>

第17回ラウンジコンサート開催しました♪

 

17回ラウンジコンサート開催いたしました!

 

 

今年1回目となる今回のラウンジコンサート


出演は…

1部:長崎県音楽連盟

野田晃子さん、北川クミさん、富永宏美さん、ピアノの山浦直子さん、高橋佳里さん

 

2部:木管アンサンブル「POE」

ピアノの堀内伊吹さん、クラリネットの小川勉さん、ファゴットの種口敬明さん、オーボエの市原隆靖さん

 

コンサートは、山浦さん、高橋さんによるピアノの連弾とともに、野田さん、北川さん、富永さんの春のメドレーからスタートし、野田晃子さんによるイタリアの春の唄「O primavera!」と春の曲が続きます。

 




 

様々な春を感じる曲に、会場も華やかな雰囲気に包まれました。

 

そして、北川さんによる「この道」、富永さんによる「さくら横ちょう」、野田さんによる「白砂」

 





 



だんだんと会場も引き込まれ、感情のこもった歌声に涙する方も。

 

そして続いては、北川さんと富永さんによる司馬遼太郎原作のNHKドラマ「坂の上の雲」の主題歌「Stand alone

 

 

心に染み入る美しい歌声に会場の皆さん、聞き入っているご様子でした。

そして、最後は出演者の方々が座席の方まで来てくださり、みんなで「春の小川」や「春が来た」を会場一体となって歌いました♪

 

そして、第2部のPOEの皆さんにバトンタッチ!

当院のラウンジコンサートでもお馴染みの皆さんですが、オーボエの市原さんも揃っての出演は、およそ5年振りということで、久し振りのフルメンバーでの出演になりました。

そして、今回もこの瞬間が…!!

 

 

分かっていてもついつい笑ってしまいます!種口さんのつかみのパフォーマンスで会場もいっきに和やかな雰囲気に…

 

2部は、まずはシューベルトの「きけ、きけ、ひばり」でスタートしました。


やっぱり息ぴったりの4人です!

 

 

続いて、長崎の唄・長崎の音ということで、長崎にちなんだ3

「瞳を閉じて」、「長崎ブルース」、「紫陽花の詩」を…

 

 

 

会場の皆さんも懐かしそうに、口ずさんでいる姿が見られました。

演奏はもちろんのことながら、毎回トークでも会場を楽しませてくれるPOEの皆さん。

会場の皆さんも自然と笑顔で楽しまれているようでした。

 

そして、最後は御三家の「小さな手紙」を堀内さんのピアノで、種口さん、小川さん、市川さんが歌い、コンサートは終了しました。

 


 

まだまだ外は寒かったですが、春を感じる楽しいコンサートとなりました。

 

     

             長崎リハビリテーション病院  久田

    

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック