<< 第14回ラウンジコンサートのご案内 | main | 第15回ラウンジコンサートのご案内 >>

第14回ラウンジコンサート開催しました!

4月21日(土)
第14回長崎リハビリテーション病院ラウンジコンサートを開催しました

出演は、「スプリングカルテット」の皆さん

 ピアノ:堀内伊吹さん
 ファゴット:種口敬明さん
 クラリネット:小川勉さん
 ギター:山口修さん
 ソプラノ:山口純子さん

まず、前半部分は、ギター山口修さんと、純子さんによる歌です

今回は、山口さんにお持ちいただいたPAを使用させていただき、山口さんの繊細なギターをとてもきれいな音で楽しむことが出来、感動でした〜


コンサートは、春を思わせる瀧廉太郎の「花」でスタート。



残念ながら外は雨でしたが、会場の中には春の雰囲気が漂っていました


続いては、ギターソロで「アルハンブラの思い出」です。

トレモロ奏法という高度な演奏テクニックに、くぎ付けでした〜!どうやって音が出ているのか不思議です…

次は、ギター&うたで、「アンダンテ〜稲の旋律」
純子さんの歌声とても感動的でした

ここから、山口修さんのギターソロを4曲



「ジャニギター」
「鉄道員のテーマ」
「第3の男」
「禁じられた遊び」

懐かしい曲ばかりで、患者さんもリズムをとったり、口ずさんだりしていました

そして前半最後の曲は、
ギター&うたで「ケ・サラ」

歌詞の中にも出てくる「ケ・サラ」は、「なるようになるさ」という意味だそうです。
とても明るい曲で、きっと患者さんも元気をもらえたのではないでしょうか



そしてコンサートは、第2部へ…
第2部の1曲目は、ピアノ・ファゴット・クラリネットによる
「四月の恋」



さすがに息ピッタリの3人です!
仲良しな3人で、お話もとても面白かったです!!



続いて堀内さんのピアノソロで、「シベリウスの樹の組曲より」



次は、種口さんのファゴットソロで、「母が教えてくれたこと」



そして、ここから春の演歌祭り!
種口さんによる「与作」です。感情こもってます!!






続いて、小川さんによる「王将」
もちろん帯と扇子も持参されています


楽しいステージに、とても暖かな雰囲気で、患者さんもご家族も笑顔が見られました。

そして、プログラム最後の曲の前に小川さんのクラリネット自慢です!
なんとこの日が初お披露目だったそうです!
「イギリス製のクラリネットでビートルズの曲を演奏するとは…いいですねぇ〜」
とご機嫌のご様子でした





プログラム最後の曲「ビートルズメドレー」
ギターの山口さんも加わり、とてもお洒落で素敵な雰囲気でした〜




そして、アンコール曲は、いきものがかりの「ありがとう」で締めくくりです。



原曲とはまた違った、ぐっと大人っぽい「ありがとう」に皆さん聞き惚れている様子


今回は、残念ながら雨の中の開催となってしまいましたが、多くの方に来ていただき、
とても楽しいコンサートとなりました。皆さん春を感じていただけたでしょうか。

次回ラウンジコンサートは、7月に予定しておりますので、お楽しみに…

ありがとうございました。


                               長崎リハビリテーション病院  久田


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック